ストレートネック生まれつき?

スポンサーリンク

生まれつきストレートネック…

そんな人、いないと思います。

これが結論です。

その根拠をお話しします。

「首が座る」

ストレートネックの赤ちゃん

見たことがありますか?

わたしは、ありません。

生まれたばかりの赤ちゃん

首がすわらず、ふにゃふにゃです。

首の筋力がなく、

頭を支えることができないからです。

生後、4~5ヵ月くらいで

筋力がついて

自分で頭を支えることができます。

これを「首が座る」と言います。

だから、生まれつきではありません。

ストレートネックの遺伝性

遺伝性がある。

遺伝性がない。

いずれの根拠も見当たりません。

だから、何とも言えません。

遺伝性が有るかもしれないし…

遺伝性が無いかもしれない…

でも、

遺伝性が問題でしょうか?

何が問題、ストレートネック?

首筋がまっすぐ

姿勢も美しい…

ストレートネック

何が問題なのでしょうか?

  • 首こり
  • 首が回らない
  • 下を向いて本が読めない
  • 首の後ろが痛い
  • 頭痛がする
  • 肩こりがひどい

この症状の原因になっている。

そう思っていませんか?

でも、これは違います。

この思い込みが大問題です。

ストレートネックであっても、

この症状を感じないひともいます。

逆に、

ストレートネックでなくても、

この症状を感じるひともいます。

だから、

ストレートネックが原因

とは、一概に言えないのです。

つまり、ストレートな首を治したからと言って、症状が改善するとは限らないのです。

じゃ、ストレートネックって何なの?

そんな疑問が生まれます。

ストレートネックの実体

首すじ、まっすぐ、

そのまま固まった。

これがストレートネックです。

●まっすぐ → 首の骨です。

つまり、頸椎(けいつい)です。

●固まった → 首の筋肉です。

実は、首の骨が

・まっすぐでも…

・曲がっていても…

原因との因果関係はありません。

この人も、首こりになります。

首が回らないこともあります。

首の前弯(ぜんわん)している人です。

首の前弯、ストレート。

首の曲り、まっすぐ。

トラブルとの因果関係はないのです。

では、何が原因なのでしょうか?

それは、筋肉が固まることなのです。

固まった筋肉→トラブル

″固まった” 首の筋肉。

これがトラブルの原因です。

●首こり
″こり” を感じる筋肉が固まった
(胸鎖乳突筋、頚板状筋など)

●首が回らない
首を回す筋肉が固まった
(胸鎖乳突筋、斜角筋など)

●下を向いて本が読めない
下を向く筋肉が固まった
(胸鎖乳突筋、頭板状筋など)

●首の後ろが痛い
首の後ろの筋肉が固まった
(頚板状筋、肩甲挙筋など)

●頭痛がする
頭の筋肉が固まった
(前頭筋、側頭筋、後頭筋)

●肩こりがひどい
凝っている肩の筋肉が固まった
(棘上筋、菱形筋など)

これがトラブルの実体です。

■くわしくは、こちら⇒

結局、どうすればいいのか?

ストレートネックはまっすぐのまま首が固まったのです。

固まったのは筋肉です。

その筋肉をやわらげればいいのです。

■そのやり方は、こちら⇒

なので、筋肉をやわらげれば、首は前弯します。

首が前弯すれば、ストレートネックは治ります。

スポンサーリンク
  • フォローする